旅行お出掛け情報満載!最新ショッピングスポット・京都・海外・ご朱印色々紹介してます〜。



tabi01.jpg

☆★☆旅のお役立ちグッズ☆★☆
スーツケース
音楽プレーヤー
デジタルカメラ
ボストンバッグ
水筒・ボトル
スニーカー
コンタクト用品
楽天トラベル
by 凛










2010年05月02日

信越花巡り★日本三大夜桜・高田公園の桜・2

上越の「高田の夜桜」を満喫中のみかり。見渡す限り桜の木だらけで・・・
何ヶ所かの桜の名所は訪れた事のあるみかりですが・・・満開の高田公園の夜桜は・・・

皆さん、1度は見なくちゃダメッ!パンチ

・・・・と大きな声で言いたいくらいの美しさ。この一瞬を写真に・・・と思い何度も
シャッターを下ろすんだけど、なぜか色が悪くみかりが目で見た美しさを伝えられないのが残念。ふらふら

カメラはそんなに悪く無いはずなんだけどなぁ〜・・・。腕が悪いのか。
夜景モード&オートに頼りすぎで、使いこなせていないのか・・・。
今回、最新デジカメ持参で参加した友人のカメラに比べて色が暗い〜。あせあせ(飛び散る汗)

画像 1356.jpg

▲水辺を散策しても、雰囲気あって素敵ですよ〜。ぴかぴか(新しい)

いつか・・・友人から写真を送ってもらおうと思っているので、その時は
もう少しマシな写真がご紹介出来るかも知れませんが・・・今回は雰囲気だけ伝えます〜。あせあせ(飛び散る汗)

画像 1345.jpg

高田城は小さいですが・・・夜桜と共にライトアップされると幻想的ですよ。ひらめき

画像 1343.jpg

▲公園内は屋台が沢山出ています。るんるん

ずらりと並ぶ屋台通り・・・。良い香りと共に、色々な物が売られていたのですが・・・
今回は食べ逃してしまった。まぁ〜この後、夕飯があるみたいだから我慢・我慢です。ふらふら

画像 1363.jpg

▲案外、ひっそりした場所にあった噴水。周りは桜だらけなので綺麗です。ぴかぴか(新しい)

続きを読む
posted by みかり at 17:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・信越花巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越花巡り★日本三大夜桜・高田公園の桜・1

時刻は17時を過ぎ・・・みかり参加のバスツアーは、本日最後の観光地で・・・
高遠の桜と並び、今回のメイン観光地の1つでもある「高田公園」へ向けて出発。バス

善光寺からは山を越えて1時間以上かかるみたい・・・。しおりに書かれた
スケジュールだとお宿到着は20時の予定。道なんてどこも混んでいなかったけど
お土産屋だけはしっかりと時間を取った為に、恐らく上越にある高田公園に着くのは18時半頃。あせあせ(飛び散る汗)

すごく楽しみにしてるのに、観光時間短かったら腹たつわぁ〜。むかっ(怒り)

桜の名所は日本全国にありますが・・・東京に住むみかりが良く目にするツアーと言えば・・・
高遠」「弘前」「角館」「身延山・しだれ桜」「三春・滝桜」「吉野山千本桜
赤城・千本桜」「京都」こんな所がメインかな。ひらめき

高田公園」の桜は・・・信州や福島県辺りの名所とセットになっている事が多く
ものすご〜い名所でありながら、桜好きでもなければ知らない人も多い場所だと思います。るんるん

高田の夜桜」と言えば・・・「日本三大夜桜」の1つで(あとの二つは何だろう?)
ライトアップされた「高田城」と公園に咲き乱れる桜&提灯が幻想的で美しい名所。ぴかぴか(新しい)

みかりは10年位前に、今回と同じようなコースで桜のバスツアーに参加した事が
ありますが・・・その時に1度行った事があります。ひらめき

桜の花はすでに散っていて・・・屋台はあったけど、提灯だけが怪しげに光っていて
なんだか肝試しをしているような気分になった思い出が・・・(苦笑)がく〜(落胆した顔)

だから、今回はリベンジなんです。手(チョキ)

朝から何かしら口に入れる事が多かったのですが・・・夕食の時間になり小腹も空いたので
先ほどもらった「みそ煎餅」を食べならが長めのバス移動。甘めのおせんべいでなかなかでした。ハートたち(複数ハート)

途中、妙高高原の辺りで雪景色を見たり景色を楽しみながら移動となりました。バス
添乗員さんの説明によると・・・5部咲きと言う事で、ちょっとガッカリ。バッド(下向き矢印) バッド(下向き矢印)
桜は8部咲くらいが綺麗と言うけれど・・・5部だとかなり木が寂しいはず。ふらふら

葉桜よりはマシかなぁ〜と思いつつも・・・少しテンション下がり気味だったみかりでしたが・・・たらーっ(汗)
高田公園に到着寸前から、桜の木が多くなり・・・到着してみれば駐車場の周りだけで
すでに桜・桜・桜・・・・見渡す限り桜の木で、かなり幻想的。ぴかぴか(新しい)

画像 1351.jpg

5部咲き・・・? これは満開と言うんじゃないでしょうか??

どうやら、みかりが訪れた2日前位から一気に花が開いたらしく、まさに今、見頃に
なったらしいのです。駐車場前ですでに感動的な美しさ・・・・。グッド(上向き矢印) グッド(上向き矢印)

続きを読む
posted by みかり at 16:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・信越花巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

信越花巡り★善光寺・4 参拝は本堂の左側でネ!

長々と善光寺の説明をしてきましたが・・・今回でラストです。ひらめき
お土産屋の宣伝が目的のボランティアガイドかもしれませんが・・・参拝のポイント等を
色々と聞けたので、今回はとっても役立ちました〜。説明が上手な兄ちゃんで良かった。るんるん

さて・・・普通なら参拝を先に済ませてからご戒壇めぐりをするのが良いのかも知れませんが・・・
今回は時間が無いとの事で、参拝が後回しになってしまいました。ふらふら

05_naijin.jpg

▲コチラが内陣です。広くて心穏やかになれますよ。(画像はお借りしました)

ご本尊にも近い、大きな畳敷きの内陣と言う場所に普通は入ってお参りする事が
出来るのですが・・・もう善光寺が閉まる時間なので、お坊さんに急かされ、
ギリギリで入り口を入ってすぐの外陣からお参りする事に・・・。ダッシュ(走り出すさま)

コチラには「びんずる尊者」の像があるので・・・身体の悪い所を撫ぜてお参りすると
良くなると言われています。善光寺の「びんずる尊者」は沢山撫ぜられてツルツルでした。ひらめき

02_binzuru.jpg

▲コチラが撫仏と呼ばれている「びんずる尊者」です。(画像はお借りしました)

さて・・・普通のお寺ではお賽銭箱の前・・・中央部にご本尊があるので
お金を入れて真ん中でお参りする事が多いですが・・・善光寺は違うそうです。ひらめき

秘仏」と呼ばれる善光寺のご本尊は鳳凰と龍の二枚の金襴の戸帳が懸かる
瑠璃壇と呼ばれる場所に安置されています。お戸帳は法要時には上げられるそうですが
普段、私達がご本尊を直接に見る事は出来ません。あせあせ(飛び散る汗)

コチラのご本尊がある場所は・・・ご本堂の真ん中より左よりの場所なんです。ひらめき
だから・・・お賽銭箱の前で手を合わせてもご本尊の前で手を合わしている事になりません!がく〜(落胆した顔)

善光寺での参拝のポイントは・・・お賽銭箱より少し左よりの場所で手を合わす事!ぴかぴか(新しい)

・・・なんだそうですよ。みかりもご本堂左側でしっかり手を合わせてきましたが
ひょっとしたら、左により過ぎたかな・・・?善光寺参拝予定の方・・・左ですよ。お忘れなく!手(チョキ)

実は・・・やたら急かされてまともに参拝も出来ないような状態だったのですが・・・あせあせ(飛び散る汗)
みかり達がご本堂を出たと同時に善光寺の鐘が鳴り響きました。時刻は17時・・・。ぴかぴか(新しい)

ホントに参拝時間ギリギリだったんですね〜。どうりでお賽銭箱をひっくり返して
お金を回収していると思った。毎日お金を回収しているんですね〜(苦笑)がく〜(落胆した顔)

バスの集合時間は17:15・・・時間はありません。先程預けた御朱印帳を頂き・・・
あまり引く事も無いのですが、おみくじ好きな友人と一緒におみくじを引き・・・
急いで、バスが停めてある駐車場に戻りました。団体行動ですからネェ〜。ダッシュ(走り出すさま)

画像 1317.jpg

善光寺の参道には沢山のお土産屋さんがあります。結構お洒落なカフェもあるんですよ!わーい(嬉しい顔)
今回は時間が無くて1軒のお土産屋さんものぞく事が出来なくてホント残念。バッド(下向き矢印) バッド(下向き矢印)

目的のお店があったらしい友人は結構ショックを受けていましたが、ツアーじゃ仕方無い。たらーっ(汗)
でも・・・お蕎麦かあんずか味噌・・・どれかが無ければ〜と少し思ってしまうみかりでした。(笑)パンチ

さて・・・いい時間になってきました。残す観光地はあと1つ。ラストは本日のメイン
上越にある「高田の夜桜」です。10年前のリベンジなるかっ!!かわいい

善光寺の公式ページはコチラです▼
http://www.zenkoji.jp/index2.html


生活改善の為の楽しい情報が満載♪  コチラもよろしくお願いします☆

みかりの楽しい生活改善日記

http://plaza.rakuten.co.jp/kaizen7/

応援お願いします〜 ヾ(´∀`o)     banner_02.gif  blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログへ 
posted by みかり at 11:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・信越花巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



最近のコメント