旅行お出掛け情報満載!最新ショッピングスポット・京都・海外・ご朱印色々紹介してます〜。



tabi01.jpg

☆★☆旅のお役立ちグッズ☆★☆
スーツケース
音楽プレーヤー
デジタルカメラ
ボストンバッグ
水筒・ボトル
スニーカー
コンタクト用品
楽天トラベル
by 凛










2010年01月10日

タイレポーター★日本へ帰国・当たって良かった今回の旅

バンコク最終日・・・大量の荷物を抱えたみかり達。まもなく搭乗時刻です。飛行機
実は帰りの飛行機も「席が空いていたら」と言う事でリクエストを出していました。手(チョキ)

今回の「日本⇔バンコク」間の飛行機は・・・座席配置が3・3・3(2席の場所有)
だったので・・・真ん中の座席を1つ開けて3つの席を2人で使おうと思ったんです。るんるん

しかし・・・飛行機はほぼ「満席状態」らしくなんだか厳しいみたい。ふらふら
現地ガイドさんは・・・日本人・日本語が話せる外人・英語案内のみの外人さんの
3パターンありますが・・・日本語が話せるガイドさんだからと言って・・・
細かいニュアンスを読み取ってくれる事はまず無い・・・。バッド(下向き矢印)

大まかには判ってもらえるけれど・・・ハッキリ言って伝わらない。(苦笑)あせあせ(飛び散る汗)

そんな事で・・・今回は同じタイレポーターさん同士の席を固める必要はまるでなかった
・・・と思うのですが皆を一緒にする為に・・・・みかり達は全員一番後ろの方の席に固められました。

しかも・・・1つ空けて友人と座るはずが・・・「座席が満席に近いのでその座り方は無理
・・・との理由で「わざわざ前後の席にして離す」・・・という入らぬ気を回してくれて
席がバラバラになってしまった。そんな事でみかりは他のレポーターさんの隣の席。(苦笑)がく〜(落胆した顔)

カウンターにチェックインしたのは3時間前位とかなり早いのに・・・
一番後ろの席で、席がバラバラってどういう事??バッド(下向き矢印) バッド(下向き矢印)

・・・・今回に限っては余計な事を言わなければ良かったのかも〜。(苦笑)たらーっ(汗)

しかし・・・この事は結果的に良かったみたいです。帰りもタイ空港で日本までの空の旅。
みかりのお隣は、殆んど話した事のないレポーターさん。あせあせ(飛び散る汗)

2組は親子連れで・・・アユタヤ等でも一緒だったので結構話せるようになっていたけど・・・
もう1組はみかり達のようにお友達同士の参加・・・。年が離れた友達みたいだけど・・・
結局最初に挨拶したくらいで、会話する機会はなくそのまま帰りの飛行機。どんっ(衝撃)

前に座る友人は・・・お隣の親子と楽しそうにお喋り中だけど、みかりは1人ぼっち。バッド(下向き矢印)
夜間フライトなので寝るだけとは言ってもさすがに8時間無口なのも寂しいので
お隣に話しかけてみると・・・そのうちの1人はみかりと年が近かった事もあり
思わぬ事に話が盛り上がった〜。同じタイレポーターでもやっぱり過ごし方って違う。ひらめき

そのレポーターさん達は・・・みかりが行きたいと思っていた場所に行っていて・・・
観光&美容&食事を中心にバンコクを楽しんだみたい。るんるん

特にレストラン・お茶等はみかりがチェックしていたお店ばかりだったので
正直羨ましかったなぁ。なんだろう??年齢が近いせい??旅行好きな所が似てる??
同じようなプランニングをしていたのにはビックリでした。ぴかぴか(新しい)

写真を見せてもらったり話したり・・・ウトウトしたり音楽聞いたり・・・
そんな風に過ごしていたら、もう朝食の時間になりました。

画像 1227.jpg

▲コレは「タイフード」の朝食。友人はイマイチと言っていました。ふらふら
 洋食はプレーンオムレツでした。特別に美味しくはなかったかな・・・。たらーっ(汗)

窓の下に富士山が見え出すと・・・もうすぐ離陸体制に入ります。
早朝の成田はバンコクと違って寒いです。暑いバンコクが懐かしく感じます〜。

行きのフライトでは出なかった「蘭のコサージュ」帰りは配られましたよ〜。ぴかぴか(新しい)

画像 1636.jpg

花が大きくてめちゃくちゃ可愛いですが・・・残念ながら家に着く頃にはしおれていました。がく〜(落胆した顔)

今回は・・・「タイレポーター」と言うチャンスを与えていただき、激安での
バンコク旅行を楽しんだのですが・・・みかりにとって初めてのバンコク旅行は・・・
とても楽しく思い出深い旅行になりました。良い意味でバンコクに裏切られた〜。わーい(嬉しい顔)

また「バンコク」に遊びに行きたいなぁ〜♪次はもっとゆっくり食事して
スパ&マッサージを楽しむの〜。行けなかった買い物スポットも沢山あるし・・・るんるん

でも・・・まだまだ見ていない観光スポットは沢山あるから次に行く機会があっても
絶対にまた「バタバタ旅」になると・・・・予測しています。(笑)パンチ

お金が貯まって次回の旅行に行くとしたら・・・
やっぱりそろそろヨーロッパ系行きたいです。思わず世界史を勉強したくなる位
魅力的な街並みのヨーロッパの街・・・。頑張ってお金貯めるか、懸賞で当てなくちゃ。るんるん

今回の「タイレポーター」バンコクの旅・・・長々と続きましたが少しはお役に
立ちましたでしょうか??今後も色々な情報をお届け出来れば良いなぁ〜。ぴかぴか(新しい)


応援お願いします〜 ヾ(´∀`o)     banner_02.gif  blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログへ 

2010年01月05日

タイレポーター★ター・チャーン船着場の屋台

バンコク最終日。遅〜いランチを食べ終わったみかり達は船に乗ってバンコクの
中心街に一刻も早く帰りたいと思っていましたが・・・王宮のある「N9・ター・チャーン」の
船着場前は沢山の屋台が出てとても活気があります。雰囲気だけ味わう事にしました。ぴかぴか(新しい)

画像 1222-1.jpg

画像 1225-1.jpg

今回は「屋台」の食べ物を食べる事は無かったけど・・・美味しそうだったなぁ〜。るんるん
でも・・・暑い時・疲れている時はあまり「屋台」の物を食べたく無いと思うみかり。ふらふら

やっぱり「衛生的」にウ〜ンと思う屋台もあるし、疲れている時は綺麗な店内で
涼みながらのんびり食べたいと思うし。でも屋台はチャレンジしたかったな〜。バッド(下向き矢印) バッド(下向き矢印)

画像 1620.jpg

画像 1622.jpg

▲大量のフルーツはココではじめて見たかも〜。あまり屋台街に行ってないから。ぴかぴか(新しい)

画像 1624.jpg

▲独特な香りを嗅いだり虫がたかっているのを見ると・・・やっぱり屋台では
 食べなくてもいいかと思ってしまうみかりです。(苦笑)たらーっ(汗)

画像 1617.jpg

▲アチコチで売られていた「お花の飾り」これはブレスレット??
 それとも・・・寺院のお供えみたいな物??でも綺麗ですよネ。ハートたち(複数ハート)

画像 1625.jpg

▲コチラは王宮&ワット・プラケオそばの「N9・ター・チャーン」の船着場です。ひらめき

もう少し・・・のんびりしたいところですが、これから「バンコク旅行」最後の
お買い物に出掛けたいと思います。時刻は17:00です。急がなくちゃ〜ダッシュ(走り出すさま)


応援お願いします〜 ヾ(´∀`o)     banner_02.gif  blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログへ 

2010年01月01日

タイレポーター★女人禁制??バンコクのお坊さん

今回の「タイレポーター」の旅・・・旅行前に沢山の事前リサーチをしたみかりですが
実際に「タイ」に旅行に行って想像したのと違うなぁ〜と思う事がいくつかありました。ひらめき

その1つが「バンコクのお坊さん」です。タイは仏教国なのでお坊さんは国民に
尊敬されて「特別な存在」だと思っていました。それは間違えではありません。あせあせ(飛び散る汗)

みかりは・・・そうそう「お坊さん」とは出会わないものだと思っていました。
実際、繁華街で出会う事は無く世界遺産のアユタヤで数人見かけたくらい。あせあせ(飛び散る汗)

ところが・・・3日目に「チャオプラヤーエクスプレス」に乗ったところ・・・
黄色の袈裟を着たお坊さんが沢山乗ってきました。チャオプラヤー川沿いは
タイで最も格式が高い寺院「ワット・プラケオ」があったり・・・「ワット・ポー
ワット・アルン」とあるので、そちらで修行でもしているんでしょうか?

事前リサーチをする中で・・・色々なブログに「女性は絶対に僧侶に触ってはいけない
・・・と言う記事をみかけました。間違ってわずかでも接触してしまった場合でも
長年の修行が全部フイとなり、僧侶として戒律を破った事となってしまうらしいのです。がく〜(落胆した顔)

そりゃぁ〜大変だ〜。気をつけないと!!

日本でも・・・大きなお寺などで修行する「神聖」な感じのお坊さんもいますが・・・
ゴルフ大好き〜」「お酒も大好き〜」なお坊さんもいるので・・・やっぱり
仏教国のタイのお坊さんは・・・日本に比べてかなり「神聖」な存在なんでしょうね。ぴかぴか(新しい)

・・・・とみかりは思っていたので、お坊さんに触らないように細心の注意を払っていました。パンチ

ところが・・・ギューギューの舟にお坊さんが大量に乗り込んでくるもんだから
ぶつからないようにするのはホント大変・・・。お坊さんの年齢はホントに様々で・・・
若い人もいれば、なんだか修行を積んだっぽい雰囲気のお坊さんもいます。ひらめき

                          続きを読む



最近のコメント